小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

復縁をしたいなら、変化をうまく読み取ろう。昨日はダメでも、今日ならうまくいくこともある。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

復縁をしたいなら、変化をうまく読み取ろう。昨日はダメでも、今日ならうまくいくこともある。

■過去の別れは、過去のもので今じゃない

ずっと変わらないものはある。変わっちゃいけないものだってあるでしょう。でも変わらなきゃいけないこともあるし、人の意に関わらず、変わり続けていくものもある。
小川健次Blog
まあ実際にはね、変わるもの、変わることのほうが多いでしょ。少なくとも時間は過ぎる。時計の針はさっきと今では変わってる。時間が過ぎれば、あなたも老いる。これ自然の摂理。

時間が変わっていくように、世の中だって変わっていく。今年のスタートの1月と、今年の終わりの今の12月。いろいろな意味で、あなた自身の状況環境も変わってる。あなただけじゃない、あの人もこの人も、僕だって変わっているんです。

え? 僕が毎朝配信されてくる小川健次メールマガジンのオチは、ずいぶん長く配信続けてる割りには、ワンパターンじゃないか? いや、はい。が、あれはあれで、ああいうもんだからいいんです。っつーかそういう野暮な突っ込みはしてくるな。

田植えをすれば、秋に稲穂が実るように。春には雪が解けて、水になるように、僕たちは数多くの変化の中に生きている。そして繰り返しますが変わるのは、環境状況だけじゃなく、人だって同じなんです。

去年会ったときは、背中から刺してやろうかと思うほど憎かったあの人とも、今年会ってみたら、まるでわだかまりも無く、自然に打ち解けられた。昔大好きだったはずのあの人に、久々会って誘われたけど、まったく興味を持てなかったし、むしろウザいとさえ感じた。なんてことは誰でも経験あるでしょう。

表面上は別に大きな事件が起きたワケじゃない。感覚的には何も変わらない日常。いつもどおりの毎日。でもね、実際には時の経過とともに、状況や環境、人の心は変わり続ける。

変われば、今までと違うチャンスが生まれる。さっきまで渡れなかったところも、潮が引いて海に道が現れるかもしれない。昨日までは固まっていなかったコンクリートの基礎も、今日には固まっているかもしれない。時が過ぎれば変わっていく。そこにあるチャンスも変わるんです。

なのに、いちいち過去の失敗の事例を持ってきて、ドヤ顔で、あれはダメだったから。こうしても無理だから。なんて言って、思考を止めてしまえば、せっかくのチャンスもみすみす逃すだけ。

だって状況環境は変わる。人は変わるんです。たまたま過去のあの場あのときあの状況ではダメだったことでも、今ならチャンスが生まれていることだってある。今なら再度のチャレンジをしてみる価値があるかもしれないでしょ。

もちろん、変化はチャンスばかりではなく、ときには悲しい別れの理由になることだってある。でもね、それだって別にそこで終わりってことじゃない。そこでちゃんと切り替えできれば、その変化でさえ、もっと良いご縁を引き寄せるチャンスにできるってもんでしょう。

<参考関連記事>
別れるのは、お互いが変わったから。自分も他人も責めなければ、もっと良いご縁を引き寄せる。

そりゃ確かに、変化するにも、コトと次第に応じて掛かる時間はそれぞれ違う。岩が砂になるのには数万年かかるし、昨日あなたをフッたあの人が、今日になって気持ちが変わることもない。それでも時間が経てば変わることはある。そこで生まれるチャンスもあるんです。

■過去ではなく、今最適な選択をすれば復縁もありえる

過去に一度や二度くらい、うまくいかなかったことがあるからといって、すべてを投げ出す必要まではないんです。昨日ダメでも今日ならできるかもしれない。去年ダメになった関係でも、今年になったらうまくいく可能性が生まれるかもしれない。

いちいち過去の失敗を基準にして、そこで思考と行動を止めたら、それこそそこで終わりですよ。前にやってダメだった。今日声かけてもスルーされた。だからこの先もダメだろう。そんな決めつけで思考を止めてたた、何をやっても同じですよ。うまくいくものだってうまくいかない。

過去はダメだった。それはそれで反省をすればいい。そしてそれを活かして、変わった状況環境、あの人の心境に合わせて、今チャレンジしてみればうまくいくことはある。今日ダメでも明日になれば、うまくいくことだってあるんです。今は状況環境違うんです。過去にこだわらずに、試してみれば道が開けることもある。

過去の失敗だけを根拠に、簡単に見切りをつけてしまわないことですよ。過去にダメになった関係だからと決めつけずに、もう少しだけ思考と行動を前に進めることです。昨日と今日は違うんだから。

諸行無常。一切何も変わることなく、時間だけが過ぎていくことなんてないんです。あなたが変化を望まなくても、この宇宙大自然はそれを許してくれないんです。ならばその変化を、あなた自身が主体的に活かせいいだけ。チャンスはいつでも何度でも訪れる。そこで諦めて投げ出すな。

何やったって痛い思いをすることはあるし、失敗だってするんです。でもそれは過ぎたこと。昔の話し。今は違う。今は今でまたチャンスがある。恋愛や結婚だろうが、ビジネスだろうが、時が経ち、また再チャレンジすれば、過去より良い結果が出ることなんかいくらでもある。

あなたが過去に、あの人との関係がダメになったからといって、またあの人との関係がダメになるってことじゃない。あの人と再び結ばれない理由にもならないんです。

あの人あのときあの状況環境と今は違う。そのときのあの人と今のあの人は違う。そしてあなたも違うんです。そこであなたの行動を止める理由はない。想いを断ち切らなきゃいけない理由もないでしょ。過去と今と未来はつながってはいる。でも、状況環境はそれぞれ別物なんだから。

そりゃね、いくら変化があるとはいえ、その変化のすべてが、あなたの望みどおりじゃないこともある。むしろ復縁へのチャンスの芽が無くなるような変化だってありますよ。そんときゃ執着せずにとっとと手放すことですよ。するとそれはそれで、また違うチャンスに結び付くから。

<参考関連記事>
無理な復縁に執着しなければ、理想のご縁で結ばれる。ダメなもので足止めされず、素早く次に動き出そう。

どうせ、またアプローチしても同じこと。どうせ私は嫌われてる。そうブツクサ言いながら、いつまでも過去のLINEのやりとり見ながらピーピー泣いてても何も起きない。いつまでもずるずると苦しい思いをするだけ。だから目の前のチャンスにさえ気づかなくなる。

常に変化は起きている。過去は過去で今は今。過去がどうであれ今最適な選択をすることですよ。するとそこに活路が見出せることもある。復縁だって可能性はゼロじゃない。やるだけやってみればいいんです。そこまでやってダメなら、納得して気持ちよく次のステップにも進めるってもんですしね(^。^)y-.。o○

【現状で最適な選択をするための、個別セッション】

小川健次
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。