小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛関係は、〇〇にしておくとうまくいく。二人が心地よくなる、関係のつくり方。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

恋愛関係は、〇〇にしておくとうまくいく。二人が心地よくなる、関係のつくり方。

〇〇だから恋愛がうまくいく

恋愛でも仕事でも、決断は素早くするべきというのは、当たり前の話し。何も決めずに、ただ漠然と時間だけを使うのは、はっきり言って、無駄以外のなにものでもない。
小川健次Blog
いや、でもね、なんでもかんでも決めればいいかといえば、実のところそうでない。時と場合によっては決めないほうがいい、決めなくてもいいことだってありますよ。

要するに、度合いの問題ですし。時と場合に応じて、決めるべきは決め、そうじゃないときは決めなくてもいい。杓子定規に、これはこうであれはそう。そうやって、いちいち白黒つけようとするから、関係がややこしくなる。

僕も、毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画については、きっちり決めてやってるようで、実は結構適当だったりすることもある。え? 知ってた?

まあ、世の中なんてのは、決めなきゃいけないことがある一方で、曖昧じゃなきゃまわらないことだってある。なのに、あれこやこれやと、いちいち白黒はっきりさせようとすれば、そりゃ彼もあなたも疲れるのは当たり。。

人と人との関係、男と女の恋愛関係はもちろん、家族であろうが上司部下であろうが、価値観や人生観は人それぞれ。それを、こういう付き合い方をしなきゃダメ。愛し合うって、こういう形以外は許せない。なんて言ってたら、関係はギスギスするしかなくなる。

もちろん、最低限のルールやマナー、道徳や倫理としての決め事はある。そこは個人間の関係や、組織を維持する上で、必要な決め事。でもそこから上のことは、ある程度は曖昧でいい。

人と人、男と女の関係は常に、曖昧さと、矛盾によって成り立っているようなものなのだから。




筋道たてて考え、話し合い、決めなきゃいけないことは、恋愛関係には確かにある。でも、そうじゃないこと、曖昧で矛盾しててもいいことだってある。そこを無視するから、彼とあなたの間に。だんだん重くて冷たい空気が流れ始める。

白黒はっきりさせるべきこと。決めるべきことは、とっとと決断すればいい。それは、そのほうが欲しい結果を引き寄せるから。曖昧なままでいるより、決めたほうが、お互いの関係が良くなることもあるから。

その一方で、曖昧にしたほうがいいこともある。白黒はっきりつけられないこともある。彼とあなたの相性だって、理屈で割り切ってわかるものじゃない。

<参考関連記事>
彼との相性を見極める、7つのチェック項目。相性のいい人と、結ばれるには。

決めなくていいこと。曖昧にしておいたほうがいいこと。矛盾していてもいいことはある。その当たり前のことを、忘れないこと。杓子定規になんでもかんでも。きっちりはっきりしなくていいことは、そういうものとして受け入れればいい。

そもそも、大切な彼との関係に、その必要性もないような意味不明で堅苦しいだけのしがらみを設けて、お互いを息苦しくさせる必要だってない。もっと気楽に、曖昧な状態を受け入れて付き合えばいい

二人が心地よくなる、関係のつくり方。

決めるときは決める。逃げずに真正面から勝負する。ダラダラ時間だけを浪費してもしょうがない。覚悟してバッサリいくときはいく。決めたほうが、お互いにとって有益なルールや、決め事なら決めればいい。

その一方で、曖昧にしておいたほうがいいことは、曖昧にておけばいい。曖昧にするからこそ、うまくいくともある。そのくらいの寛容さは、あっていい。というより、無きゃ彼もあなたも疲れるし、恋愛はうまくいかなくなる。

もちろん、決めておかないと、どうして許せないことだってある。なら、それはルールを決める。それ以外は曖昧でいい。その上で、許せないことも曖昧なことも、全部をひっくるめて彼を認めて受け入れる。彼を受け入れる。




些細なことに過剰反応して、いちいち白黒はっきりつけようとするから、面倒くさい女と思われて、関係がおかしくなる。なら、いいじゃない。曖昧にしといて、お互いの関係に影響ないなら、曖昧なままでいい。そこは寛容さを求められている。

人の気分は移ろいやすく、変わりやすいもの。価値観や人生観だって変わっていく。なのに、お互いを事前に縛りつけ合ってしまえば、二人の成長や発展の可能性さえ潰れてしまう。

きっちりかっちりとした関係も悪くはない。でも、そればっかりだと、やがて二人とも心地よくなくなる。二人とも本当の自分でなくなって、愛し合える心地よい関係ではな、単なる決め事に従った惰性の関係になり下がる。

お互い大人の男と女の関係でしょ。生き方や考え方も違う同士。その関係に矛盾があってもいい。曖昧さがあったって問題ない。むしろそれでうまくいくことだってある。それで皆がハッピーになることもある。

最後の最後、本当に愛し合えるかどうかは、そんなお互いの寛容さが決め手になる。大切にし合える理想のパートナーの条件は、曖昧なお互いの関係を許せる寛容さがあること。

<参考関連記事>
大切にし合えるかは、○○○の有無が決める。双方向の、愛と信頼を生み出すには。

恋愛関係に決め事は必要であるが、単純に白黒つけられないことだってある。矛盾を感じることだってある。それを許して受け入れることができるから、二人が長く心地よい関係になれるというもの。

形を決めたり、型にはめるから、安心できることもある。とはいえ、現実の男と女の関係なんてのは複雑怪奇。だからこそ、守っておいたほうがいいこと、意識したほうがいいことがある。それを守り、意識するからこそお互いの愛と信頼が深まるってことですわな(^。^)y-.。o○

曖昧でも不安が消える、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。