小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

決めるのも決めたのも、すべては自分。結果以上に、納得できる決断をしよう。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京12月 福岡01月↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次/忘年会
小川健次
12月/大阪・東京


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/11/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第2回

その「女子力」は間違ってます!ダメ男につかまりたくない、フラれたくないなら、磨くべきは……?

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

決めるのも決めたのも、すべては自分。結果以上に、納得できる決断をしよう。

■流されるから、文句を言いたくなる。

僕たちは毎時毎分毎秒過ごしていく時間の中で、常に判断をし決断をしている。その過去の積み重ねが、今のこの瞬間なんです。

小川健次Blog

好む好まざるとに関わらず、僕たちは決めることは逃れられない。この記事のこの先を読むか、戻るボタンでこの先を読まないかも、あなたの判断あなたの決断。

どうせ決めなきゃいけないこと。どうせ選択しなきゃいけないことですよ。とはいえ、決める権利はあなたにある。決断と選択は、あなたが持って生まれた特権なんです。その特権をどう使うかによって、使った後の成果には違いが生まれるってもんですよ。

あなたが自分で考え、自分でこうしようと判断して決めたときと、なんとなく他人の意見や周囲の状況に流されながら、ぼんやりと判断して決めたとき。その後の成果が、ずいぶん違うものになるであろうことは、あなただって想像できるでしょ。

もちろん、具体的に目に見える形による成果としては、さほど大差がないかもしれない。でもね、その成果が生まれるまでに得られる、気づきや学びの量は全然違う。何より結果に対する納得感には、雲泥の差が生まれる。

あなたが自分で主体的に決めたことならば、その経験のすべてを、ポジティブに意味づけできるし解釈できる。

望んだとおりの結果であれば、当然のことながら喜べる。でもね、仮に結果が思い通りじゃなかったとしても、自分で決めたことならば、自分の責任として冷静に反省しつつも、どうすれば次に活かせるかを考えられる。その経験を価値ある財産にできる。

逆に、何となく、その場の雰囲気や他人の言葉、さまざまなそうせざるを得ず、決めたことってのは結果が良くても、いまいち満たされないし納得できない。

しまも、結果が悪かったら悪かったで、自分の責任をひたすら回避。私は悪くない。状況がそうだっかた仕方ない。あの人がこう言ったからだ。あの人がそうさせたからだ。あの人のせい、状況環境のせい。そこには反省どころか学びもない。いわゆる徒労。

どんな理由であれ、どんな結果であれ、最後はあなた自身が決めたこと。どうせケツは自分で拭くハメになる。だったら先に自分で決めればいい。他人がどうの状況環境がどうのではなく、自分で信じたことを、自分で選択して決めればいい。あなたにはその権利があるんです。

<参考関連記事>
自分で自分を縛らなければ、やりたいことができる。あなたには、自由に選択できる権利がある。

どんなに正しいと思った選択だって、誤っていることはある。どんなに権威者の言葉であろうが、それが正しくないこともある。未来のことは明日のことでさえ誰もわからない。そしてどんな結果であれ、最後は責任を自分で負うしかないんです。

だったら、とっとと自分で決めればいい。自分で決めれば納得できる。後悔することもあるかもしれないが、少なくとも納得はできるでしょ。後悔を反省として、未来かせるようになる。

■自分で決めれば納得できる。

自分で考え、自分で主体的に決断する。それは確かに面倒くさいかもしれない。人の言うことに従ったほうが楽かもしれない。状況に流されてしまえばプレッシャーもないかもしれない。何も考えず、何も決めようとしない。結果の責任は他人のせい。状況や環境のせい。自分は悪くなーい。

と言っても、結局それは自分に降りかかってくるんです。その場の責任は逃れることができたとしても、結局は自分でそのケツを拭くはめになる。結局はもっと大きなストレスを感じることになる。楽になるどころか、ますます苦しくなるだけ。

それは、あなた自身の過去を振り返ってみればわかること。自分で決めることをせず、なんとなく流されてしまったときに、どれだけ心から望んだ結果が手に入ったか。どれだけ自分で自分を褒められて、どれだけその日のビールが美味いと思えたか。

一回こっきり。逆廻しのできない人生ですよ。なのに状況や環境、それこそ他人の意見なんていう、その後の責任を負ってくれないような、曖昧なものに身を任せながら決めたところで、面白いことなんかないでしょ。納得感は得られないでしょ。

いや、いいんです。それはそれで満足だ。そう思う人もいる。別に良し悪しの話しをしているワケじゃない。あなたはどっちがいいか。それだけのこと。

後になってから、あのときの状況や環境がどうのこうの。あのときあの人がどう言ったああ言った。そんな文句を言ってる自分を許せるなら、それでいいんです。別にあなたの人生の責任は、誰も取ってくれないし、あなたが自分で責任負うしかないんだもん。

そりゃ確かに、状況環境をよく見ながら、他人の意見に耳を傾けて参考にしながら、決めたほうがいいことだって一杯ある。それはそれでいいんです。でも、それにしたって最後の最後は自分が決める。誰が何を言ったかなんてのは関係ない。そういう覚悟があるかどうかですよ。

どうせ決めなきゃいけないんです。どうせやらなきゃいけないし、どうで選択しなきゃいけないでしょ。だったら、それを自分以外の何かに委ねるよりも、あなた自身が覚悟をもって主体的に決めたほうが、その結果に納得感が得られるんです。

今この瞬間は、過去あなたが決めてきたことの結果ですよ。そして今この瞬間は、これからあなたが決める未来の原因なんです。今と違う未来を望むなら、過去と違う決め方をすることですよ。

<参考関連記事>
自分の殻を破る方法は、今までと違う選択をすること。選択を変えれば、壁を乗り越えるのは超楽勝。

あなたが自分で主体的に決めたことならば、それによって後悔や失敗があるとも、ときに逆境に陥ることがあろうとも、それ自体をチャンスに変えることができる、その経験を未来に活かせることができる。自分で自分に納得できる。

まずはね、これまで何となく状況環境、周囲の意見に流されて決めてしまってたことを、あなた自身が主体的に決めてみましょうよ。日常的に行う、その決めることの積み重ねが、あなたの望みの未来を、必ずその手に引き寄せますから(^。^)y-.。o○

■本気で『決められる』ようになりたい人へ。
↓ ↓
早期申込割引実施中
引き寄せの法則を発動させる、目標設定実践講座
↑↑ 6/24(土)-6/25(日)↑↑



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。