小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

体の関係になると、男が離れる3つの理由。なぜ体を重ねると、フラれるのか。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

体の関係になると、男が離れる3つの理由。なぜ体を重ねると、フラれるのか。

なぜ体を重ねると、フラれるのか。

それまでは、頻繁に連絡を取り合い、お互いの愛を確認し合い、会っては充実した実りあるひとときを過ごせていた。
小川健次Blog
なのに、突然、関係が疎遠になる。彼があなたから離れていく。どうしてそうなった? そういえば、初めて体の関係になったあの日の夜からだ。

やっぱり、あの男は、私の体が目的で、私に近づいてきたに違いない。ただのヤリ目だったに違いない。だから男は信用ならない。男はどいつもこいつも、体目的ばかり、ヤリ目ばかり。と、決めつけるのはちょっと待て。

あのね、僕が毎日無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、いつも言っているように、男と女のことは基本的に共同責任。一方的に相手を責めても仕方ない。

なぜ、体の関係になってから、彼が離れて行ったのか。その理由を知り、どうすれば、そういうことにならないのか。ということを考えないと、同じことを繰り返すし、その度に男が悪いと言って、ますますこじらせてもまるで幸せにならないでしょ。




そもそも、それなりに歳を重ねた男にとっては、女性を口説いて体の関係にまで持っていく、という一連のプロセスは結構な負担。かなりの労力。よそで金を使えば、手っ取り早く遊べる手段があるにも関わらず、あなたとそうするのには理由がある。

その理由は簡単なこと。(基本的には)あなたのことを好きだから。あなたを愛しているから。よほどの性欲モンスターでもなければ、最初からヤリ目のおっさんなんかそうそういない。手間と労力を掛けた分、あなたとの愛ある関係を通じて、それらを回収したいと無意識でも思うもの。

要するに、男だって、愛してもいない女を抱くほど暇じゃない。好きでもない女と体を重ねるほど、無節操でもない。ということ。

ならば、なぜ体の関係になった途端に、いきなり離れていくのか。それまでさんざん、口説いてきたくせに、一晩を伴にした翌日から、いきなり他人行儀で知らん顔するのか。

もちろん、ご縁のあるなしという問題もある。彼に何ら悪意や他意にも関わらず、やむにやまれず、結果的にはそういう対応になってしまうこともある。どんなに愛し合っていたとしても、ご縁がなければ別れは必然的にやってくるもの。

<参考関連記事>
ご縁のあるなしを見分ける、5つのチェック項目。別れても、結ばれるのには理由がある。

そこで今日は、体の関係になると、男が離れる3つの理由を以下に紹介。ケースによって一概に言えないこともあるが、おおよそ、体の関係になってからダメになる理由としては、この3つに当てはまることが多く、特に3番目の事例が一番あるある

あなたにとって、当てはまると感じることがあれば、それは反省し以後改善すればいい。今までに当てはまる経験がない場合でも、以後、同じようなケースに遭遇することを想定して、覚えておいても損はない。

体の関係になると、男が離れる3つの理由。

1、時期尚早すぎて男がクズだったのを見抜けない。

少し時間をかけて付き合えば、相手がどんな男であるかは、わかるはず。よほど手間と暇をかけ、綿密な計画をたてて、あなたを騙しにきた相手なら、見抜けないのも仕方ない。

なのに、その場のフィーリングや、相手の条件、容姿などの表面的なことに惑わされる。怪しいなあと思いながら、そのクズ男に関わるからそういう目に遭う。

もちろん、悪いのはそのクズ男。でもね、クズだと感じていながらも、あわよくばと考えて、それと関わったあなたの甘さも反省すべきでしょ。ちょっと時間をかけたくらいで離れるような男なら、そもそもダメなやつってわかったでしょ。

それでも、このチャンスを逃したくないと思ってしまった、あなたにも原因がある。

以後、あなたが気をつけることは、体の関係になるまでに適切な時間をかけること。もちろん、出会ってから短時間でも、絶対的に信用できる相手なら、信じてもいい。でも、そうじゃないなら、時間をかけて相手を見極めてからでいい。



2、相性が悪かった

どちらが悪いというわけではくとも、相性が悪いということはある。体を重ねたときの、呼吸やフィーリング、体そのものの相性の良し悪しという問題はある。

それだけでなく、いざコトに及ぶにあたって、ホテルの部屋なり、あなたもしくは彼の部屋という、完全に二人きりのプライベート空間での過ごし方、そのときの間合いや、空気感が合わないということもある

服や靴の脱ぎ方畳み方はもちろん、ベッドの整え方などの所作など。そのときに出る、日常の生活臭はどうやっても抜けきらない。

その中の何か一つがどう。ということではなく、そういうことの一つ一つを積みか重ねた全体的な評価で、合わない。と相手に思われることはある。その逆に、あなたがこの人とは合わないと感じてしまうこともある。

そうして、どちらからともなく、冷めていき、とりあえずコトが済んだらさようなら。こればっかりは、あなたも相手も悪くない。どちらがどう思うかは、そのときになってみないとわからない。そして相性が悪かった。だから切り替えて次へGO!

<参考関連記事>
彼との相性を見極める、7つのチェック項目。相性のいい人と、結ばれるには。

3、体の関係になった後の距離感がおかしい

実はこれが一番多い。これが一番のあるある。あなたと相手にとって、体の関係になることが、どういう意味を持つことなのか、それが仮に暗黙であったとしても了解を取りあえていないと、こういうことがよく起こる

あなたが、体の関係になった以上、彼は私のもの。彼は私の期待に応えて当然。そう思って執着しはじめる。彼は、これから関係をゆっくり深めていこう。そう思ってる。そりゃすれ違う。あなたが追うほどに、彼は逃げるという構図になる。

その逆に、あなたが、彼は私と体の関係になったから、私を用済みに思っているに違いない。そう勝手に決めつける。だから彼に対して卑屈になる。彼は真剣にあなたとのことを考えていたのに、あなたが勝手に面倒くさいこと言ってぶち壊す。




いずれの場合にしても、単なるあなたの一人相撲。一人で妄想して、一人で距離をグイグイ縮めていったり、距離はやたらと遠くに取ろうとするから、彼としてはどうしていいかわからない。体の関係になった途端に振り回されるから、イヤになる。

だからこそ、事前に合意を取っておく。もちろん契約書にサインさせろとか、宣誓させろということじゃない。ただ勢いに流されるだけじゃなく、冷静なあなたで、この後はどう考えているのか。そんなことを軽くでも彼と話しておくだけでもいい。

薄ぼんやりとでも、その後の距離の取り方を掴んでおけば、すれ違いは少なくなる。それでも、実際にはすれ違いは起こるが、そこで起こるすれ違いは許容範囲。現実の付き合いの中で。すり合わせていけばいいだけのこと。

男と女の体の関係に限ったことではないが、あらかじめお互いの理解の齟齬を減らしておけば、後になってのコミュニケーションエラーは軽減できる。そのあたり、個別具体的に細かい問題解決の方法については僕の個別セッションあたりへどうそ。あなた事情にあわせて解決の方法を見つけることができるから。

<参考関連リンク>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

まとめ

体の関係になると、男が離れるのには理由がある。そしてその理由を知り、対策をすれば、無駄に痛い思いもしなくなる。人と人、男と女はご縁次第。とはいえ、押さえるところを押さえれば、そのご縁を価値あるご縁に変えられる。

彼と体を重ねると、フラれるのではなく、それより以前に、そうなる流れができてしまっているということ。

だからこそ、出会ってから、関係を深めていくまでのプロセスが重要で、その間が短いか長いかは関係ない。あなたが、その人とその後、どういう関係を作っていきたいか。そのために、どんな付き合い方をしていくかが大事ってことですわな(^。^)y-.。o○

男が離れていかない関係をつくるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。