小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

束縛するのもされるのも、理由がある。自分を愛して信じれば、束縛も執着も手放せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/06/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第32回

急増する「転職貧乏」女性にありがちな口癖から学ぶもの

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次


6月東京
小川健次


福岡/大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


束縛するのもされるのも、理由がある。自分を愛して信じれば、束縛も執着も手放せる。

束縛したりされたりする理由。

大切だと思う人、身近にいる人だからこそ、自分のことを理解して欲しいと思うし、できることなら同じ考えを、持って欲しいと思うのでしょう。
小川健次Blog
とはいえ、単にあなたが自分の考えを押しつけることで、その人の心を支配しようとしたり、その人を束縛しようとしたりしたところで、それは相手に嫌がられるだけ。

表面的には言うんです。あの人を大切に思っているからだ。あの人ことを考えると、そうしたほうがいいに決まっているからだ。そのほうが二人のためだから。あ、でも僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージはあなたのためにも読んだほうがいい。

でもね、ぶっちゃけ言うと、本音は違うでしょ。あの人があなたと一緒じゃないと不安なだけ。あの人があなたの考えに従ってくれることで、優越感に浸りたいだけ。要するに、あなたたの自己承認欲求を満たしたいだけじゃないですか。

そんな、あなたの押し付けによる支配からは、そりゃ逃げ出したくもなる。夜の校舎窓ガラス壊してまわりたくもなる。逆らい続けあがき続け早く自由にもなりたくもなりますよ。先生あなたはか弱き大人の代弁者なのかと問いたく、はならないか。

いやまあ、世の中には支配したりされたり、そんな関係にこそ愛を感じる関係もある。リアルにガチンコで、縛ったり縛られたりするのを望み合う関係もある。それはそれでいいですよ。でもそれは、お互いが求め合ってそうなってるからでしょ。

その一方で、相手がまるで求めてもいないことを、一方的に押し付ける。望まれてもいないのに、一方的に縛ろうとする。そりゃ愛でもなんでもないでしょう。それでもあえて愛と言うなら、偏狭な自己愛、としか言いようがありませんわな。

だって相手のことなんか、微塵も考えてないんだもん。あなた自身が満たされることだけを望んでいるんだもん。そりゃ相手もうんざりするでしょう。

本当に相手のためを思うなら、あなた自身のことよりも、まずは相手のことに想いを馳せるべきでしょう。あなたがどうしたいかではなく、どうすれば相手が心から喜ぶか。どうすることがその人の望みを叶えることになるのか。それを考えるべきなんです。

そのあたり、どうすれば相手の心に寄り添えるか、執着しないでどう相手と心の距離を詰めるかの、個別具体的な問題については、僕の個別セッションあたりにでもくれば、細かく説明しますよ。

<参考関連リンク>
小川健次個別コーチング&コンサルティングサービス

まあね、あなたにしてみれば、相手のことを思ってのことかもしれない。なのになぜだか、その想いが伝わらない、むしろウザがられている気がする。そんなときは、一歩立ち止まって考えてみることですよ。

あなたが相手のためと思っていることは、ホントに相手が望んでいることなのだろうか。あの人が望む幸福に、近づくことになっているのだろうか。という当たり前のことを忘れていないかどうか。

自分を愛して信じれば、束縛も執着も手放せる。

少し心の「あそび」を持ったらどうですか。つまりは余裕。余裕がないと、つい不安先行で相手を束縛したくなる。相手に考えを押し付けたくなる。否定されるのが怖いから。断られるのが不安だから、とにかく執着して手放せなくなる。

あなた自身に、もっと自信を持つことですよ。あなたもこれまで、ちゃんと自分に自信が持ててるときなら、他人を支配しようなんて思わなかったでしょ。押し付けることなく、その人の個性や考えを尊重して、相手の想いを優先できていたでしょ。

ちゃんと自分に自信を持てると、心に余裕が生まれる。「あそび」ができる。だからお互いの関係に対しての、不安もなくなる。無理矢理にあなた自信の考えを押し付けることなく、執着を手放して、相手の想いを尊重し、相手を優先して考えられるようになる。

すると、その空気が相手に伝わる、相手もあなたのことを優先して考えてくれるようになる。お互いがお互いの幸福を優先して考えられる。まさに愛ある関係ってやつですよ。

いずれにしても、あなたがホントにあの人の心に想いを馳せているか。あの人のことを考えているか。それをまず考えることです。言葉や態度で押し付けていないか。束縛してあの人を支配しようとしていないか。他人は常にあなたの心の鏡にしかすぎない。

逆に言えば、あなたが束縛されているなら、それはあの人が自分に自信を持てていない証拠。そんな器の小さい野郎なら、とっとと切って捨てちまえ。

だいたいね、本当に大切に思う相手なら、押し付けたり、束縛したりして、その人が傷つくようなことしませんよ。傷つけたり苦しめたり、その逆もしかり。そういう関係であるならば、ちょっと考えたほうがいいですよ。マジで。

あの人がどう思うか、それはそれで大事ですけどね。まずあなたが自分をどう思うか。その自己肯定感を高めて、自信を持つことです。そうして余裕をもてるようになれば、執着したり束縛したりして、お互いが苦しい思いなんかしなくなるから。

<参考関連記事>
自己肯定感を高める方法。他人の評価に右往左往せず、正しいセルフイメージを描こう。

異性間であれ、同性間であれ、お互いがお互いを尊重し合う関係だから、そこに愛や信頼が生まれるもの。一方的な執着や束縛なんてのは、誰もハッピーにならないどころか、結果的にお互い苦しくなるだけでしょう。

そのためにも、まずは自分を愛すること。自分を信じること。自信を持つことですよ。その余裕が、支配や束縛、そして執着からあなたの心を解き放ち、本当の意味で、愛と信頼のある関係になれる。あなたにとっての、理想の相手を引き寄せるってもんですよ(^。^)y-.。o○

潜在意識の力で、自信を育み執着を手放そう
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。