小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛し合いたいなら、〇〇と言おう。黙っていないで、言えば二人が幸せになる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/06/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第137回

不倫の「どうしても別れられない」根本的な原因。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                               
地域・開催日 内容
大阪 07/03(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
名古屋 07/17(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛し合いたいなら、〇〇と言おう。黙っていないで、言えば二人が幸せになる。

黙っていないで、言えば二人が幸せになる。

あなたが他意なく何気なく発した一言が、身近な誰かを傷つけることはある。それなりに気を配ったつもりでも、その言葉を聞いた人に、その一言を発するあなたを、心ない人だと思われることもある。
小川健次Blog
その逆に、あなたが他意なく発した一言が、誰かの心を癒すこともあれば、あの人に勇気や元気を与えてしまうことだってある。

言葉の意味なんてのは、発する人はもちろんのこと、それを聞く人、解釈する人によって違うもの。辞書的な意味なんて関係なく、全体的な文脈の中で、人それぞれ自分の価値観に応じて決めてしまう。

だから、あなたが大して意味なく発した、その何気ない言葉が、相手をブチ切れさせることもあれば、相手の心の中を満たして、あなたを愛するきっかけにさえなる

僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、まったく意味ない何気ない一言だったのに、なぜだか感謝されることもあれば、まったく予想外の斜め上からクレームが来ることもある。

それはある意味ではしょうがない。誤解といえば誤解ともいえる。でも、人と人との関わりは、基本は誤解があって当たり前。

そもそも、そのときのお互いの立場も精神状態も違うし、言葉に対する価値観だって違う以上は、そこでの言葉に対する意味づけや解釈は、お互い違って当然。どんな言葉に、相手がどんな反応をするか。それは、言葉を発したときに、はじめてわかる。

おまけに、言葉に対する価値観は、時間が経てばまた変わる。以前は笑ってくれた話しも、今は笑えないこともある。昔はキレてたあの一言も、今なら笑顔で受け入れてもらえることだってある。





だからこそ、状況や環境、そしてタイミング。なおかつ相手の立場や心境を見極めて、言葉は慎重に選ぶ必要がある。誤解やすれ違いが起こらないよう、お互いが適切な意思疎通を図れるよう、ただしく言葉を選んで使う必要がある。

とはいえ、最後の最後は言ってみなけりゃわからない。言葉にしてみないとわからない。どんなに言葉を選び尽くしても、最後は相手の受け取り方次第。そこはどうしたってわからない。

そういう意味では、あまり言葉に慎重になりすぎるのも問題で、慎重になりすぎるあまり、何を言ってんだかわからなければ本末転倒。要点バラバラ。つまりは何が言いたいの? ということになる。

そこはバランスの問題でもある。慎重に言葉を選びながらも、発言は大胆に。大事なことは、言葉を発するのが目的ではなく、意図を正確に伝えることが目的なので、そこは忘れないこと。

焦って余計なことを口走ったり、相手を問い詰めたりするのでなく、冷静にはっきりと言いたいことを言えばいい。焦ったところでうまくいくものでもない。ご縁は焦らないから結ばれる。

<参考関連記事>
焦らないで〇〇にしておくと、恋愛はうまくいく。ご縁が結ばれるのには、条件がある。

誤解を恐れて言葉を発することを避けたり、予め勝手な憶測で相手の反応を決めつけて、何も言わなくなってしまえばそれこそ何も伝わらないし、むしろ余計な誤解が増えるだけ。

明らかに、それが誰かを傷つける内容であれば、そもそも言うか言わないかを迷わない。最初から黙ってるでしょ。なら、それ以外のことは、言ってみないとわからない。だったら何気ない一言でも、思っていることは言葉にしてみればいい

愛し合いたいなら、〇〇と言おう。

言葉に対する価値観は、人それぞれ違う。相手の価値観を、あなたの勝手な先入観で決めつけるな。あなたの価値観と、相手の価値観は違うのだから。

ということは、あなたにとっては何気ない一言でしかないこと、大したことじゃないと思うことでも、人によってはその一言が、心躍るほど嬉しいこともある。とても大きな勇気になることだって、あるということ。

え? そんな言葉が嬉しいの? 「好き」なんて、当たり前すぎて言う必要もなさそうだ。と思っても、それ言われる人にとっては、ヤル気を高める重要な一言だったり、意味のない言葉でも声かけられただけで、死ぬほど嬉しいこともあるでしょう。

忙しくて迷惑かもしれない。自分の一言なんて、喜ばれないかもしれない。そう思ってるのはあなただけで、その人からしてみれば、元気の出る一言になるかもれない。

「お疲れ様」だろうが「ありがとう」だろうが「愛してる」「好き」でも何だっていい。あなたの価値観では、わざわざ言うことでもないと思っていても、その人にとっては死ぬほど嬉しい一言もある。





もちろん、それでもスルーされることもあるかもしれない。でも、それで嫌われることもない。別にあなただって、何気ない一言で言っただけ。それによって別に失うことだってないでしょ。

仮にそれで嫌われたなら、それ最初から嫌われてただけだから。嫌われてるのがわかって、むしろ良かったね。今後は、余計に気を遣う手間が一個減ったってことだし。

言葉そのものへの価値観は人それぞれ。それでも、その人のことを大切に想っている、その人のことを気にかけている、そんな気持ちは、些細な一言でも、積み重ねれば届けられる。

自分にとって些細なこと、他愛もないと思うことであったとしても、まずは言うことですよ。それが「好き」「愛してる」など、好意を示すことならなおさらのこと。態度と姿勢だけでなく、言葉を積み上げるから、想いは相手の心に届くもの

あなたが思ってることを。言葉にするだけ。何気ない一言として、伝えればいいだけ。だから余計な期待をしなくていい。押し付けもしないで、言いたいことがでけを言えばいい。彼の幸福だけを優先して、執着も手放す。

<参考関連記事>
愛しているなら、押し付けることはしない。彼の幸福を優先するから、愛が深まる。

彼と愛し合いたいと思うなら、言うべき言葉がある。その言葉を言うから、二人に幸せが訪れる。それは、あなたにとっては、口にするまでもないと思うような言葉かもしれない。それでも彼、そして二人にとっては、大事な言葉。

あなたのその小さな一言があるかないかで、二人の心の距離は近づくともあれば、遠ざかることもある。黙っていたところで何も起きない。その一言を発してみればいい。それだけで、あなたも彼も、そして周囲の人までも、幸福になることがあるのだから(^。^)y-.。o○

愛する人に愛されるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。