小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

無理をしないレベルで、無理をすればうまくいく。できないことで苦しまず、できることをやれば気が楽になる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 話し方の原理原則 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 2時間の基礎講座 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

無理をしないレベルで、無理をすればうまくいく。できないことで苦しまず、できることをやれば気が楽になる。

■思っているだけじゃ何も起きない

関わる全ての人からは無理だとしても、せめて身近な誰かや、大切に思う誰かからは、自分を良く見られたい、認められたい。そういう思いは誰しもある。
小川健次Blog
だからこそ、少なからず自分と人間を、少しくらいは誇張したり、背伸びした状態で、他人に見せようとしてしまうものなのでしょう。

いやまあ、そんなに高評価を得るのは無理だとしても、せめて、悪くは見られたくない、低い評価はされたくない。そういう思いくらいはあるでしょう。そして同じように、そうならないよう自分を無理して飾ろうとしてしまうこともありますよ。

すでに西新宿の羽生結弦と呼ばれるほどの僕でさえ、やっぱり少しは自分を良く見せたいという色気くらいはありますよ。あ、ちなみに、西新宿の羽生結弦と呼んでいるのは、今のところ僕一人で、その意見に賛同しているのも僕一人ですが。

とはいえ、僕も小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージでは、一切飾らずそのまんまですけどね。

もちろん、誰だって、自分自身のことは大きく考えたほうがいい。セルフイメージも高くしているべき。目標もでっかく、夢は壮大に。

そういう意味では、多少は自分を盛ったほうがいいってのは事実。変に自分を低く見積もることなんかありませんよ。自分がダメな理由について、あれこれ述べる必要もない。そんなことしても逆に周囲はドン引きするだけ。ウザいと思われるだけ。

とはいえ、現実を度外視して、到底できるとは自分でも思えないことを目標にしてみたり、本来の自分ではない自分を演じようとしてみたところで、これもまた疲れるだけで何の意味もないことですよ。

つまり、何でもかんでも高い目標掲げればそれでいいとか、何でもかんでもできると思えばそれができるかといえば、それは無理だし疲れるだけってこと。

だって本来の自分ではない自分を演じてみても、いずれはがれる仮面でしかない。他人から見りゃ騙されたと思うか、無駄なことする痛々しいヤツくらいにしか思われない。評価は上がるどころか急降下。

最初からできないと思ってる高い目標掲げたところで、できないと思って取り組むなら、ヤル気だって無いんだからロクな結果だって出ないでしょ。そもそも取り組むかどうかだって疑わしい。というかやらないでしょ。

でっかい自分になったフリ。高い目標設定したフリ。そんときゃ現実忘れて楽しいもんです。でもそんなもんは数日経てば忘れてしまうもの。だって実際には現実という逃げられない問題があるんだから。

ヤル気の出る本読んだ。自分を変えるセミナー行った。だから今日から俺は違う。よーしやったるでー。で、一晩眠って朝起きて会社に行くと、いつもの日常。昨日の俺はどこ行った?

高い目標掲げてみても、結局達成できない。もしくは取り組もうとさえしない。まるで違う自分を演じてみても、結局ボロがすぐ出て元通り。

そんな無理を強いても、どうせ何もやらないでしょうし、ホントに何もできやしないんです。ならば、今のあなたにちゃんと適した目標の設定と、今のあなたにとって適切な手段方法を取ればいいだけですよ。

<参考過去記事>
飽きっぽい人でも、長続きさせる方法はある。集中力が散漫でも、集中する方法はある。

それを無視して、ただ闇雲にデッカイことばっか言うから、私って何を学んでも結果に結びつけられないヤツなんだ。理想の自分になんか近づけないんだ。そんな自己否定の連続になるんです。ただ気持ちだけが空回りすることになる。

■できることでも、まずはやること

高い目標はあっていい。それはそれで本気で達成しようと思うなら、掲げること自体が悪いわけじゃない。

でもそれを達成するために、今目の前に現実としてある課題や問題は、それはそれとしてやっつけなきゃいけないでしょう。でっかいこと言ってても、まず今目の前にある、それをやっつけない限り、先に行かないんだから。

だから今日できること、今やれることをやるんです。それは先に延ばさない。決めてやるんです。それを積み上げていくしないんだから。

その上で、今日できたこと以上のことを、明日はさらにやればいい。1%でも2%でも上積みをしていく。それが当初に掲げた目標達成のペースに合わなければ、5%でも10%でも上積みするんです。まずはやる。

まあ、最初から自分の力じゃとても無理。到底及ぶわけなんかない。そんな風に感じるレベルのこと考えてるだけじゃ、目標は歩いてきてくれない。だから歩いて行かないと、ただ妄想している口だけ番町、夢見る夢子。

それがなんだっていいですよ。まずは目の前にある現実の中で今日できること、今やるべきことをやるんです。

やらなきゃ前に進まない。でっかい話しもバラしてみれば小さいことの積み重ね。その積み重ねの速度が速いか遅いか、積み重ね始めるのが早いか遅いか。その違いでしかないでしょ。

そしてコトの大小に関わらず、「やる」と決めたことを確実にやるから、セルフイメージが高まる。自信が深まる。当初の目標の達成意欲も高まる。何より他人からの信頼が厚くなって評価が良くなる。

もちろんその過程で逆境や困難に遭遇することだってあるでしょう。世の中そんな甘くない。でもその場合はその課題を細かく刻んで、一つ一つ丁寧に解決していけばいいだけのこと。

やろうともしないことをでっかくブチ上げると、その場の気分はいいもんです。実像とは違う自分を他人の前で演じてみるのも楽しいかもしれない。

でもそれで、後になってガックリ一番損するのは自分自身でしょう。だって結局何も手に入れることができていないんだから。

<参考過去記事>
執着を手放すから、やりたいことがやれる。どうでもいいことを気にしなければ、今すぐ動ける。

ならば、今目の前の現実として存在する、取り組むべきこと、解決すべきこと。それを確実にやっつけたほうが、その場は大して面白くないかもしれませんが、最後には笑って終わる結果に結びつくってもんです。

じゃあそれ、いつやるの?ってことですわな(^。^)y-.。o○

■執着を手放して目標設定の方法


■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。