小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人のことをあなたが決めることなどできない。手放して相手に委ねれば信頼が深まる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

他人のことをあなたが決めることなどできない。手放して委ねれば信頼が深まる。

■相手のことを決めつけてもお互い苦しいだけ

どんなに身近な相手であろうと、どんなにお互い信頼し合えている相手であろうと、他人のことを第三者が決めることなんてできませんわ。

risukisu

あれこれ干渉してみたり、いろんな批判をしてみたりはできるでしょう。それが影響を与えることにはなっても、最後の最後で決めるのは本人以外の誰でもない。


他人の言葉が気に入らない。自分の思ったとおりに動いてくれない。自分の期待どおりの答えをくれない。そう思ってストレス感じたところで無駄なだけ。他人は他人。よそはよそ。うちはうち。

逆の立場で考えてみれば同じこと。相手がどう思おうが、どんな期待をされようが、自分は自分。自分の考えに基づいて自分の判断でやってるだけのこと。具体的な迷惑でもかけてなきゃいろいろ言われる筋合いはない。

食事に誘った相手が、それを受け容れようが拒もうが相手の自由。その判断をとやかく言われること自体が不条理ですよ。

未成年ならいざ知らず、それなりに人生経験積んできた大人であれば、誰だって自分で決められる。もちろん意見としては聞いてもらっていいでしょう。それでも決めるのは本人ですよ。

なのに、勝手に憶測だけであの人はこうだ。あの人にとってはこれがベスト。あの人の考え方はこうだ。そんな思いこみと先入観で人に接するから、話がすれ違う。噛み合わなくなる。

最悪なのは、何も伝えていないのに、この人は断ってくるだろう。この人は嫌がるだろうと決めつけて、言いたいことも言えず、伝えたいことも伝えられないことですわ。

だから、それを断るか受け容れるのか決めるのは、あんたじゃないでしょ。勝手に決めつけるなっつーの。

<参考過去記事>
決めるのはあんたじゃない。割り切ればストレスもなくなる。

先に勝手に相手の判断を決めつける。だから無駄に期待をしてガックリするし、言うべきことを言えない。言えても消極的な言い方だから結局否定的な回答をもらうことになる。

他人のことを決めつけるクセを無くすだけで、人間関係のストレスなんてほとんど無くなるもんですわ。

■信じれば信じてもらえる

言ってみればおごりでしょう。自分はその人のことを理解している。自分はその人のことまで決めていい。そんな考えが心のどこかにあるんじゃないですか。

ogoruna

そうじゃなければ、何も相手のことなどわかっちゃいないくせに、自分が傷つきたくないために自分の言い訳にしているか。そのどちらか。

いずれにしても、この手のパターンは相手に気を遣っているようにみせて、実は自分に気を遣っているだけ。つまりは相手都合じゃなく自己都合。

まずは相手を信用することです。信じて委ねる。そしてその相手の決断を尊重すればいい。そう思えれば言いたいことも言えるし伝えられることも伝えられますよ。

誰だって思っているほど、他人のことなんかわかっちゃいない。だったら勝手に決めつけないで、まずは信じて手放す。そして委ねることです。本当に信じていれば、どんな決断をされたって受け入れられるもんです。

そしてこちらが信じるからこそ相手も信じてくれるもの。信じてくれるから、委ねたことを結果はどうあれ真剣に受け止めて考えてくれる。
その積み重ねで信頼関係が築かれる。

もちろん信じてもらうためにも、日常的に自分という人間のパーソナリティについてはちゃんと伝えておくということが前提として必要ですがね。

<参考過去記事>
図解あり/人間関係で誤解が生じるのは、自分で自分のことを正しく伝える努力を惜しむから。

まずは他人は他人として尊重することですよ。それがどんなに身近な相手であっても、その人はその人。意見は意見として言えばいいだけ。でも勝手に決めつけないし決められない。信じていれば大丈夫。

信じて手放して委ねてみる。どうせ他人のことは決められない。そう思って委ねてみるだけでお互いの関係性の深まりを感じることができるものですよ(^。^)y-.。o○

いよいよ本日18時で早期割引き締め切り。

小川健次セミナー(早期割引/12月5日締め切り)
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。