小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

問題は必ず起こるものであると同時に、必ず解決できるもの。問題が無いことのほうが問題で、問題はむしろチャンスにしよう。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
大阪 2021/12/04(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2022/01/15(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座
福岡 2022/01/22(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

問題は必ず起こるものであると同時に、必ず解決できるもの。問題が無いことのほうが問題で、問題はむしろチャンスにしよう。

■改善の絶好の機会

面倒なことには遭遇するのは嫌だし、それが自分の利害に直接的に影響を及ぼすような面倒はもっと嫌。

nekoneko

だから、できるだけ当たり障りなく、できるだけ面倒なことになるような問題には、遭遇しないでいたいと思うのは、ほとんどの人がそうでしょう。


それでもまあ、面倒というのは起こるもの。それが仕事のことであれ、人間関係のことであれ、問題はある日突然予期せぬところから降ってくる。

それでガックリきてモティベーションが下がることもあるし、慌てて右往左往してしまうこともある。心折れて前進を諦めてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、問題が起きるというのは、一方では解決すべきことというのが明確になったということでもある。今まで見えていなかったことが可視化されたということでもある。だから考えようによっては、問題が起こるということは好機でもあるということ。

だって、理由もわからないまま業績下がった。なぜからわからないけど突然フられた。気づいたらスルーされまくるようになってた。じゃ、それこそ目もあてられないでしょう。

何が起こっているかもわからないまま、なぜか物事が進行していて、気づいたときには修復不可能でご臨終。って、おいおいちょっと待て。

そうなる前に問題が発覚していれば、その時点で修復できる。仮に最後の結果はダメになることであっても、納得のいく場所に着陸させることだってできるでしょう。

面倒であっても、問題が起こるということは、それを解決することでもっと良くできる好機でもあり、最悪を回避することができる少ない機会であるともいえる。

<参考過去記事>
乗り越えることができない試練に直面することはない。事実を冷静に直視すれば乗り越える方法は見つかる。

なので、問題かもしれない。そう思うことがあるのであれば基本的には手遅れになる前に即時対応。少しくらい面倒だと思っても、心にストレス感じることがあっても、目を背けないで解決に取り組めばいいんです。

■問題発生は前進の証拠

それに問題を認識できるということは、それを冷静に一つづつ論理的にひも解いていけば、その原因がわかるということ。そして原因がわかれば対応方法は必ずある。

適当に問題から目を背けてみたり、その場の感情に流されて右往左往してしまうから、ホントの原因がわからなくなる。表層的なことにのみ意識を奪われ、結果的に何も解決できなくなる。

それにもう一つ。問題が起こるということは、良くも悪くも前に進んでいること。何かが動いているということでもある。何かしているから問題が起こるんです。何もしなけりゃ問題なんか起こらない。

だから問題はある意味では肯定的に捉えることだってできる。誰だってそうじゃないですか。何かにチャレンジする。何かに前向きに取り組む。そうすると必ずあれこれ何かしら問題が出てくるものでしょう。

極論ですが、問題が起こらないほうが問題ですよ。

何もしていないか、起こっている問題に気づかない。もしくは気づいてもスルーしているということだから。

それに何より、僕たちの日常生活の中で起こり得る問題なんてのは、よっぽどのことが無い限り、人生に行き詰まってしまうような大それたことなんかないでしょ。

だったら、問題起こった時点でありがとう。問題起こって良かったね。そのくらいの感覚でもむしろOKですよ。まあその瞬間は凹むでしょうから、ちょっと冷静になってから。

<参考過去記事>
できること以上のことをやるのが挑戦。できることをやるのは当然。

好むと好まざるとに関わらず、生きてりゃ必ず何かある。でもその何かは、天変地異などの不可抗力を除けば、前進しようとしているときに起こるもの。だから、面倒でも目を背けずにすぐに対応することです。

そして問題が起こっていることを、むしろ肯定的な状況に転換できる、好機と考えることですよ。

まあ、ホントに何の波風も立たないで時だけが過ぎていくってのは、ある意味で逆に不安を感じるものですしね(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。