小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心に余裕がない時は、大切な人から遠ざかろう。遠ざかれば、余裕のない一言でお互いが傷つくのを防げる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

心に余裕がない時は、大切な人から遠ざかろう。遠ざかれば、余裕のない一言でお互いが傷つくのを防げる。

■黙れば危険は回避できる。

いついかなる状況下でも、自分の心を支配して、思考や感情をコントロールできるなら、言うまでもなくそれが一番いい。

nekoneko

とはいえ、実社会で遭遇するあれこれによって、少なからず心に波風立つこともあるでしょう。冷静な判断力を失うことだってあるでしょう。


状況環境に限らず、肉体的にしんどいときや体調不良のときなども、いまいち精神状態が安定しないこともある。

それが悪いということじゃありません。ブレなくて強い、そしてしなやなか心を養う努力はするべきでしょうが、それでも感情がコントロールできなくなるようなこともある。それはそれ。人間だもの。

大事なことは、そういう精神状態になったときでも、最後の最後で自分を見失わないようにすることでしょう。あ、今はいろいろヤバイ。感情に任せて要らんこと言ってしまいそう。誰かに意地悪言ったり、傷つくこと言ってしまいそう。

そんな自覚を持てるくらいのとこまでは、何とか踏ん張る。

そして早いうちに人との距離を取ることですよ。物理的にもそうですが、精神的な距離も空けておく。自分が何か言いたくても言えないようにしておくことです。

つまりは口をつぐんで黙ること。そういうときは何言ってもだいたいロクなことがない。まるで心にもないことや、後になって何でそんなこと言ったんだ?と自分で疑問に思うようなことさえ口にする。

<参考過去記事>
言い返しても失うだけ。ときには黙って守ることも必要

いくら本心でもなければ、精神的にしんどい中だったとしたって、言われたほうはたまらない。あ、この人は心の中ではそう思ってたんだ。やっぱダメ。最悪。さようなら。

そして自己嫌悪。仮にフォローして挽回できても、その分余計なエネルギーもかかるし、お互いギクシャク疑心暗鬼になるのは必至。

だったら自分を見失いそうなときは、人と距離を取る。特にそれが大事な相手ならなおさらのこと。そして落ち着くまで黙ることですな。

■もう一人の自分で自分をコントロールする

議論が白熱してきて、度を越えた口論になってきたときなども同じことですな。もう口論になっている時点で、それは自分を見失っている証拠。

そういうときに出てくる言葉は、相手を追い詰めるかやり込めることを目的にしたものになる。だから全然思ってなくても、とにかく相手を追い詰めるために要らんことを言ってしまう。

結局、そもそもの議論のテーマについての結論は出ないわ、お互い気分悪いわ、誰も幸せになりませんよ。

だから、自分で自分の心の手綱は絶対話さない。いきりたって駆け出しそうなときは、まずは諌める。と言ってもそういうときはそんな余裕もないはずなので、とにかく黙ること。口論も適当なとこで打ち切って、冷静さが戻ったところで再開すればいい。

そのためにも日ごろから、もう一人の自分を持っておく。もう一人の自分で自分をコントロールしておくというのは基本ですわな。

syotaro

そしてコントロールが効かなくなりそうなときは、早めに電源OFFか撤退することを忘れない。そこで余計なことして深手を負うより、一旦引き下がってやり直せばいいだけだから。

何であんなこと言ったのか。言わなきゃよかった。そう思った経験の一度や二度は誰にでもあることでしょう。そしてそういうときに皆が使う常套句ってのが、「あのときはどうかしていた」。

そりゃどうかしていたで済むこともあるでしょうが、さすがに済まないこともある。だったらどうかする前に、引き下がること。人と距離を取ること。黙ること。おとなしく布団に入って寝てればいいんです。

<参考過去記事>
心のレンズが歪んでいるから物事を素直に見れない。苦しんで傷が深くなる前に心のレンズを矯正しよう。

ちょっと自分を見失って放った一言くらいで、あまりに大きな損失を被るってのは、そもそも割に合わないことですよ。

ヤバイと思ったらまず距離を取るだけで、大惨事は防げるものですわな(^。^)y-.。o○

■各方面からの多数の強い要望に応えて再開催。

小川健次セミナー(講師/小川健次)
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。