小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分の想いに素直になれると、縁が広がり愛が近づく。駆け引きと計算は、縁が結ばれず愛も遠ざかる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

<お知らせ>ダラダラと配信し続け、すでに配信回数も200回を超えたメールマガジン。
引き続きブログ本編の話題を中心にしながら、ちょっとと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

自分の想いに素直になれると、縁が広がり愛が近づく。駆け引きと計算は、縁が結ばれず愛も遠ざかる。

■愛があれば計算も駆け引きも不要

人間関係でストレスを感じたり、傷ついたりするというのは誰だって喜ばしいと思うものでもないでしょう。

小川健次Blog

もちろん、その経験が糧になり、後々にはストレス感じたり傷ついたりしたのも良い思い出。あれがあって今がある。そう思えることもあるでしょう。


いずれそう思えるときがくる。それが分かっていながらも。それでもやっぱり現実に痛い思いはしたくない。心が傷つくのはやっぱヤダ。

そういう想いを持つことはある意味では自然なこと。ええもちろん、僕も傷ついたり痛い思いはやっぱイヤですよ。が、それも度を過ぎるとやっぱり考えモノでしょう。

そして傷ついたり痛い思いをするのを避けようとするあまり、ついつい自分を素直に出せなくなる。言いたいことが言えない。伝えい想いを伝えられなくなる。そして素直に自分を出せないから、あれやこれやの駆け引きや計算に走り出す。

自分が傷つかないようにどうやって想いと届けるか。自分が痛い思いをしないように、自分が恥ずかしい思いをしないように、どういう段取りを踏めば相手に振り向いてもらえるか。そんなことばかり考える。

でもそれって、結局のことろ自分中心の考えですよね。そこに相手の想いや相手のことなんて微塵も入ってない。どうやって自分守るかじゃないですか。

そんな人の想いなんて誰も受け取らないでしょ。だいいちセコい計算や駆け引きなんて、見透すかされますよ。逆に足元見られて舐められる。

自分の想いが届かないばかりか、相手に舐められあしらわれる。傷つかないように愛を手に入れようとしたものの、結局のところボロ雑巾になるわ、愛は遠のくわでもう目も当てられない大惨事。

もちろん何事も段取りというものがある以上、そのプロセスでの駆け引きや計算というのも有効な場合もあるでしょう。でもそんなの必要最小限。だから最後は手放すんです。

<参考過去記事>
他人のことをあなたが決めることなどできない。手放して相手に委ねれば信頼が深まる。

駆け引きや計算でどうこうしようというのは、傷つきたくないという自己保身。それ以上に駆け引きや計算でどうにかなると相手のことを心のどこかで思ってる。つまりは驕りというやつでしょうよ。

■信じて委ねるから素直になれる

だからまずは自分の心に問いかけることですよ。自分のホントの想いはどこにあるのかと。その相手はホントに自分の想いを届けたい相手なのかと。

そこに確信持てるなら、あとは相手を信じればいいだけのこと。自分の想いを伝えられる価値のある相手だと思えるなら、信じて委ねればいいんです。素直になっていんです。そこに駆け引きも計算も必要ないですよ。

相手だって信じて委ねられればそれを受け止めてくれる。信じれば信じてくれる。だからそこで初めてお互いが腹を割って話しができる。

単に自分が傷つきたくない、痛い思いをしたくないという保身を捨てて、相手を信じて委ねてみる。つまりは自分の想いに従って素直に振る舞えばいいんです。素直に言葉にすればいいんです。

もちろん想いが届いた結果、傷つくことや痛い思いをすることもあるでしょう。そりゃどんなときでも同じですよ。それに想いが届かないまま、上で言ったような一人相撲でボロボロになるより、精神衛生上も健全といえるものでしょう。

余計な駆け引きや計算することにばかり気が向いて、ギクシャクするわストレスたまるわ、挙句の果てがボロ雑巾って、そんなん何もいいことありませんわ。

それに傷つくことを避けてばかりいても、免疫が下がってどんどん臆病になってしまうだけ。そういう意味でも駆け引きばかりってのは得策じゃない。

<参考過去記事>
傷つくほどに治癒力が高まる。傷つくことを恐れるよりも、傷ついて立ち直れなくなることを恐れよう。

ビジネスの商談でも同じですよ。なんだかんだと自己保身の小手先テクニックの駆け引きしてみたところで、そんなのだいたい見透かされてる。だからさんざん手間をかけ遠回りしたのに結果に結びつかない。

相手のことを想って、そして相手のことを信じてドーンと直球でやりとりしたほうが、結果的にお互いの信頼関係も深まって、その商談自体がうまくいく。そんな経験の一度や二度は誰にだってあるでしょう。

どんな場面でも、自分の想いに素直になれると、縁が広がり愛が近づくし、駆け引きと計算は、縁が結ばれず愛も遠ざかるってもんですな(^。^)y-.。o○

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。