小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分で自分を束縛しなければ、笑顔になれるし気楽になれる。生き方も考え方も自由。あなたを束縛する人などどこにもいない。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自分で自分を束縛しなければ、笑顔になれるし気楽になれる。生き方も考え方も自由。あなたを束縛する人などどこにもいない。

■ストレスの原因はマイルール

よほど特殊な事情でもない限り、生まれながらにして生き方や考え方を決定づけられている人なんていませんよ。

小川健次Blog

もちろん遺伝レベルで決定づけられていることもあるでしょうし、生まれた状況や環境によって選択肢に幅が無いとは言わない。


とはいえ、それにしたって自分で選択できること、自分で追及できる可能性なんていくらだってあるものですよ。

どんな考え方をもって、どんな生き方をすればいいのか。その上でどんな意味づけと解釈、どんな選択と行動をすればいいのか。その選択権は自分にある。というより自分以外にないでしょ。

にも関わらず、思ったどおりにならない。なかなか前に進まない。ってそりゃ自分で自分を縛り付けているだけだから。

こういうときはこうするもんだ。こんな場合はこうするべきだ。自分で勝手にマイルールを心のどこかに制定し、そこから抜け出せなくなってるんです。自分で作った檻に自分で入って、自分で自分を鎖につないでる。

そりゃ社会規範や法律、それに道徳というレベルでの縛りは必要でしょう。でもそれ以外は別にこうしなきゃいけないなんてルールはない。こんな考え方、こんな生き方しなきゃいけないなんて誰も決めちゃいませんよ。

だからと言って別に破天荒である必要はありませんが、自分で作ったルールが自分を縛っていると思うなら、その縛りは外せばいいじゃないですか。それを外せるのも自分なんだから。

そしてその縛りを外して、一歩表に出てみることこそが挑戦というやつでしょう。

自分でここまで、そう思っている範囲のことはすでにできていること。だからその中で頑張るのは当然。その外側に出るから新しい世界を体感できる。

<参考過去記事>
できること以上のことをやるのが挑戦。できることをやるのは当然。

生き方も考え方も決まりはなくて自由。自分で選べばいいんです。誰も強制してないし、自分で自分を縛り付けているだけのこと。

なのに状況や環境にその原因を求めるからストレスになる。だって原因はそこにないんだもん。そもそも自由であることに気づけばいいだけ。すると身も心も楽になる。

■試してみることに失敗はない

自分の思考や行動が止まってしまう。止まってしまう自分にストレスを感じる。そんな自分に自己嫌悪。そう思うことがあるなら少し冷静になって考えてみればいいんです。

止まってしまう理由は何なのか。それは本当に理由として成立することなのか。
そして止まらず前に進むことで被る不利益は何か。それは永久に取り返しのつかないことなのか。

考えてみりゃわかりますよ。ホントは大した理由なんかないから。大した不利益だってないでしょ。

なんとなく過去の経験や、世の中の風潮となど漠然としたイメージからたぶん難しいだろう。こうすると嫌われるだろう。そんな勝手な解釈かつ根拠薄弱な思い込み。

だから誰も縛ってないんです。誰も強制なんてしてないですよ。自分で自分を縛っているだけ。自分で自分の思考と行動にブレーキかけてる。

一方の足で何とかしなきゃとアクセル目一杯踏み込んで、一方の足でなんかヤバそうだとブレーキベタ踏み。そりゃ壊れるでしょ。ふつー。

だったらほんの少しでもいいからブレーキ緩めてみりゃいいじゃないですか。少しでも前に進んでみる。興味があったら覗いてみる。自分の好奇心に従ってみる。それで大丈夫ならあとはアクセルブレーキ完全に離せばいいだけのこと。

試してもみないで、その先がどうなっているかも知らないまま、憶測と妄想で自分で縛りつけても、結局進みたい気持ちとのギャップでストレスになるだけですよ。

まあ試しに進んでバンパーを電柱にぶつけたって大したことないですよ。そんときゃ凹むでしょうが、泣いて酒飲んで寝ればいいだけのこと。でもその経験で車幅感覚掴めるし、次は同じ失敗しなくなる。あらゆる経験は財産になるんです。

<参考過去記事>
しんどいことも楽しいことも、すべてのことに意味がある。どんな意味にするかは、自分の心のあり方次第。

自分以外の誰も、自分の心と行動は束縛することなんてできやしない。それがどんなに身近で大切な人であろうと。そしてその束縛から自分を解放できるのも自分以外にいない。

誰も縛っちゃいませんから。まずはちょっと前に進んでみたらどうですか。自分の気持ちに素直に従ってみればいいじゃないですか。

それだけでずいぶん気が楽になるし、笑顔になれるってもんですわな(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。