小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛を引き寄せる、たった1つの方法。愛を遠ざける、2つの原因。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛を引き寄せる、たった1つの方法。愛を遠ざける、2つの原因。

愛を引き寄せる、たった1つの方法。

よほどの極悪人は別にして、あなたに対して悪意や憎悪を抱きながら、それでもあなたと関わっている人というのは、そうそういるもんじゃない。
小川健次Blog
そして、その関わりの根底にあるのは、あなたへの善意であり好意。すなわち愛。人は愛がなければ関わらない。

とはいえ、人によって表現の仕方ってのはいろいろある。だからこそお互いの間に誤解が生まれたり、イライラしたりムカついたりすることがあるのは、まあしょうがない。

別にお互いが悪意があってのことじゃない。いずれか一方に敵意があるわけじゃない。表現の仕方の違い、意味づけや解釈の違い、要するに単なる勘違いやスレ違いにすぎない。だって根底にあるのは、あなたへの愛なのだから。

ちなみに僕が毎朝無料配信中の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画に込められているのも、僕からあなたへの愛。うん。たぶん。

だいたいね。ホントに嫌いだったり、ホントに憎くて悪意や敵意をもってる人なら、そもそも関わることない。あなたと会うこともなければ、LINEのやりとりだってしない。それに、あなただって、そこまで憎まれてりゃ察するんだから、そりゃわかるはず。





ってことは、少なくともあなたと関わっている人は、あなたに悪意を抱いていない。あなたを嫌っていないし避けてもいない。抱いているのは愛。いや、愛は言いすぎかもしれないが、少なくとも好意であることは間違いない。

だってそうでしょ。あなたの身の周りの人、関わっている人って、細かいことで好き嫌いはあったとしても、基本的にはあなたの味方なのだから。

確かに広い世の中を見渡してみれば、性根腐りきった外道もいるでしょう。あなたの不幸を心から望む人もいるかもしれない。でもそんなのとは住む世界が違うでしょ。そんなの身近にいたところで、あなたから離れていく。

だからね、あなたが身近な誰かに、大切な誰かとの関わりの中で、ちょっとムカつくことがあったり、ちょっとイラっとすることがあっても、気にしなくていい。不安に思わなくてもいい。それはあなたが嫌いだからそうするんじゃない。たまたまそういうことになっただけ。

そこで、いちいち大騒ぎするから、めんどくさいと思われる。そこにある愛の存在を忘れないことですよ。だって愛されてるんだもん。

<参考関連記事>
依存するほど、面倒くさい女と思われる。彼を支えようとするほど、愛される。

あの人の言動は、あなたを不幸にしようとして言った言葉じゃなければ、あなたが嫌いでとった行動じゃない。そもそも意味も目的もあってのことじゃないことだってある。

こちらとしては、それで傷つくこともある。この野郎っと思うことだってある。でもちょっと待て。相手は相手の価値観やその人なりの表現方法に従っているだけ。その根底にはあなたへの愛があるってことは忘れるな。

愛を遠ざける、2つの原因。

もちろん。愛って言っときゃ何でも許されるかといえばそれは違う。心の底には愛があっても、表現方法で誤解があって、それで関係がギクシャクしてしまうなら、それは放置してもいられらない。

ならば、それはそれで向かい合って、伝えるべきは伝える。こういう言い方は気に入らない。こういうやられ方は好まないと。ただ、それはあくまでも相手の表現方法についてであって、相手の想いは否定しないこと。

あなたにとっては不快だったかもしれないが、相手にとってはあなたを傷つけようとか、不幸になれとか、呪ってやるという意味じゃない。表現方法や、やり方に少しずれがあったとしても、相手の心の根底にあるのは愛なのだから。

あなたは、それを汲みつつ、愛を込めてその人に思いを伝える。こういう言い方は気に入らない。こういうやられ方は好まないと。心からお互いのためだと思って話せば、それはわかってもらえるはず。





お互い人間。言葉や行動がお互いの期待とずれることもある。コミュニケーションに行き違いがあることもある。それでもあなたを傷つけようとしているわけじゃない。そのことを忘れなければ、そこにある愛の火は消えない。

そうして、あなたがそこに愛を感じていれば、あなたにはより大きな愛が引き寄せられる。愛を引き寄せるのに、一番必要なものは愛。それを信じて委ねて手放せば、お互いの関係は揺るがない。

その逆に、あなたから愛を遠ざけることになるのは、疑念と心配

信じた挙句に裏切られたなら、そりゃしゃあない。そういうクズを信じた自分のアホさを反省し、酒飲んで泣いて寝たら、次へととっとと切り替える。

そうして愛を信じられるあなたに、愛が引き寄せられる。あなたを愛するあの人が、あなたを抱きしめたいと思ってくれる。

<参考関連記事>
抱きしめたいと男が女に思う、6つの瞬間。彼女を抱きしめたくなる男性心理。

愛を引き寄せるために、一番大切なものはある。それを見失わないこと。信じて疑わないこと。些細なことで傷ついたり、凹んだりする必要はない。お互いの表現方法に誤解があったとしても、それであなたが嫌われることもない。

するとより大きな愛を引き寄せる。愛を遠ざける、大きな原因になるものを手放して、信じて委ねた先にこそ、あなたと、あなたの大切な人が幸せになれる道があるってことですわな(^。^)y-.。o○

愛されていることを信じる力を高めたいなら、僕の個別セッションへどうぞ。

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。