小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

男が絶対に手放したくない女の、3つの条件。大切にされるのには理由がある。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

男が絶対に手放したくない女の、3つの条件。大切にされるのには理由がある。

大切にされるのには理由がある。

付き合ってから、すぐに関係が破綻してしまう関係もあれば、ずっと長く良好な関係を維持できる関係もある。
小川健次Blog
双方が納得して別れることもあれば、一方が納得しない別れもある。女が別れたいと言っても、男が別れたくない、と追い続けるような関係だってある。

どうせ付き合って、最後の最後は、せめて自分が納得して、自分から別れを告げたい。彼から追われるくらい愛されたままなら、なおOK。もちろん、関係が長続きするのが一番だが、それでもやっぱり追われる側でいたい。そう思う気持ちもわかる。

だけでも、あっさりフラれる。追われるどころか、自分が泣きながら追い掛けるハメになる。でも、いっつも男に手放したくないと言われて、追われる女もいる。この違いはどこにあるのか。

もちろん、僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言ってるように、最後の最後はご縁次第。男と女がいつどこで、どうなるかなんて誰にもわからない。

だとしても、男が手放したくないと思って、追いかける女には共通することがある。追われる女には、だいたいこの共通項があてはまる




逆に、これをやらないから、あっさり関係が終わってしまう。気づいたときには軽い扱いをされるようになり、いつの間にかLINEもブロック。そうして、最後はさようなら。

とはいえ。それでも最後の最後は、わからない。どれだけのことをやったって、彼があなたを嫌いと言えば、それは嫌いにしかならない。その逆もしかり。だから、嫌いを好きにはできない。だけとも、好きを長続きさせることはできる。

だからこそ、そのためには、日常の彼との関わりで、やるべきことを積み上げていくということは重要なこと。あなたが、彼のために、やるべきことをやっていれば、彼はあなたを忘れない。いつでもあなたを思い出す。

<参考関連記事>
彼にあなたのことを、思い出してもらう方法。思い出すほどに、彼はあなたを好きになる。

せっかく出会って結ばれた関係。あなたが、その関係を長続きさせたいと思うように、彼にもそう思ってもらいたい。あなたを手放したくないと思ってほしい。

ならば、まず彼、すなわち男性の特性を理解すること。彼が男の本能として、どんな女性を手放したくないと思うのか。それを知り、彼の本能を刺激すれば、彼は犬のようにあなたを追い掛けまわすようになる。

男が絶対に手放したくない女の、3つの条件。

男が本能的な性質によって求めるのは、「組織」と「習慣」。組織とは、自分の社会的な立ち位置を知るため。習慣とは、できる限り思考を短縮化させて、現状維持を図るため。

つまり、男性にとっては、自分な社会的な立場や、習慣を守れること、もしくは、それにドラスティックな変革を伴わずに、良いものに変えてくれる女性がいるなら、そういう人と付き合いたい。

いや、付き合いたいどころか、そういう女性を手放したくないし、ずっと側にいてほしい。離れていきそうになったら、犬のように舌を出しながら、全力ダッシュで追い掛けたい。



もちろん、個人ごとの好みはある。いくら、それらが当てはまるとはいえ、そもそも異性として好意を持てない。人としての相性が合わない。ということなら、それはそれで仕方のないこと。

それでも、次の3つの条件に当てはまる女がいたら、多くの男は絶対に手放したくないと思う。その関係はできる限り大切にしたいと思う。

  1. その男性の全てを知っている女
  2. 生い立ちを含め、現在の立場やさまざまな事情。趣味や趣向。すべてを知ってくれていると、都度説明を必要としない。自分で何かを考えることなく、その女性に任せておくだけで、自分は今までの習慣に従えばいいから。

  3. 公の場に連れ出すことができる女
  4. 自分という人間を社会に対して説明する上で、パートナーを公の場に連れ出すというのは、男にとってとても意味のあること。その結果、自分の評価が上がるのなら、そういう女性は大切にしたい。(あくまでも無意識の習性によるもので、異性をアクセサリーとして考えているわけではない)

  5. 自分の「気持ち」を話してくれる女
  6. 男にとって女の気持ちは、難解でよくわからないもの。それを理解することは到底困難。だからこそ、自分の「気持ち」を言葉にしてくれる女性は、自分が振り回されることがなく、安心して付き合うことができる。そして長く一緒にいたいと思う。

以上。実はこれ、男と女を入れ替えても同じこと。女だって、こういう男がいいと思う。が、男の場合はこの傾向がより顕著であることと、基本的な思考パターンが単純なので、この3つを示されると、あっさりその女性を追いたくなってしまうもの。

あとは、個々人の相性の問題。本能的に追い掛けたいとは思っても、現実の社会で生きる、社会的な人と人との関係である以上、相性が悪ければどうにもならない。

<参考関連記事>
彼との相性を見極める、7つのチェック項目。相性のいい人と、結ばれるには。

男が絶対に手放したくない女には、3つの条件がある。男の本能的な特性を理解し、それを刺激することができる、その3つの条件をあなたも兼ね備えれば、彼はあなたを犬のように喜んで追い掛けまわすようになる。

男でも女でも、人から大切にされる人には、大切にされる理由がある。ならば、彼があなたを大切にする理由を、あなたがつくればいいだけのこと。そしてそれは、あなたの幸せのためだけでなく、彼の幸せにもつながることなのだから(^。^)y-.。o○

追いかけてくれる人とのご縁を引き寄せる、小川健次特別セミナー
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。