小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛も仕事も、うまくいく方法を考えるとうまくいく。自分や他人を責めるより、できることをやろう。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


恋愛も仕事も、うまくいく方法を考えるとうまくいく。自分や他人を責めるより、できることをやろう。

自分や他人を責めるより、できることをやろう。

それが事故であるにせよ、不注意によるものであるのせよ、恋愛でも仕事でも、望んでいない結果になってしまったのなら、その原因は考えて明確にすべき。
小川健次Blog
しっかり分析し、原因を特定できれば、以後同じ失敗はしなくなる。いや、仮に同じ失敗をしても、少なくともそれ以前よりはマシになる。

特定した原因が、今後のあなたの恋愛や仕事に活かすために必要なのであれば、その失敗の責任が誰にあったのか。ときに、特定個人の責任だって、はっきりさせる必要だってある。

とはいえ、そうやって特定個人の責任を明確にするのは、責任あったその人を、締め上げたり攻撃したりして、鬱憤晴らすが目的じゃない。その責任があなた自身にあったとしても、あなたが凹んで自分で自分の傷を舐めるためのことじゃない。

んなことしてる暇があるなら、僕が無料で毎朝配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりしてたほうが100倍まし。

出た結果を現実として、しっかりと受け入れた上で、その原因を特定すること。そして次は同じ過ちを犯さないようにすること。仮に同じ過ちを犯しても、今よりは前進すること。責任の所在をはっきりさせるってのは、そのための手段でしかない。

だいたいね、過去はもう変えようがないでしょ。現実ってのは、常に目の前に起こっていることですよ。そして、目の前に起こっていることへの、対処の仕方次第で未来は変わる。

にも関わらず、とりあえず、その責任のある人を締め上げたり、ピーピー泣いて自分で自分を責めたところで、過去は変わらない。目の前で起こった事実も変わらない。

まあ、ピーピーと他人を攻撃してみたり、あなたが自分を責めて泣いてることが、あなたのためになることならば、そうすればいいじゃないですか。そのほうがメリットも大きいでしょう。その責任あるヤツをガンガン責め立てろ。あなたはもっと自分を責めろ。もっと泣け。





って、そんなことあるワケねーだろ。それで何か生まれるワケでもないし、何も良くならない。それこそ起きた失敗に対する補填にすらならない。時間とエネルギーの無駄。おまけに、それで誰かが得するかといえば、それだってない。

だったら、その労力、そのエネルギーを、もっと生産的な方向に使えばいい。目の前で起こっていること、そこに出た結果、それらにどう対処すれば、乗り越えることができるのか。失敗や損失をどう対処すれば、被害を最小限に抑えられるのか。

他人を責め立てようが、自分を責めて下向こうが、出た結果は変わらない。それよりも、それを踏まえてどうするのか。この先のことを考えなさいよ。仕事であろうが恋愛であろうが、どの選択をすればうまくいくのか、それを考えてその選択をしなさいよ

どんなことでも失敗はある。仕事だってやってみなきゃ分からないことはある。恋愛だって付き合ってみないと、ダメかどうかわからない人がいる。大事なのは、失敗することじゃなく、そうなったときにどう対応するかなのだから。

<参考関連記事>
付き合ってダメなら、別れればいい。素早く損切りすれば、いつでもやり直せる。

もちろん、失敗の責任は誰かが取らなきゃいけない。それがあなたの責任なら猛省しなきゃいけない。でもね、それは、目の前の現実を見ないためじゃない。目の前の現実を直視して、それを未来の恋愛や仕事に活かすためにそうするんです。

いつまでも、過ぎたことに心とらわれて、あいつがどうの、自分がどうの。そんなことに時間とエネルギーを使わないことです。心のスイッチを未来に向けて押し倒せ。失敗だろうが成功だろうが、今の現実を受け入れろ。すぐに思考を未来に向けろ。

恋愛も仕事も、うまくいく方法を考えるとうまくいく。

目指すべきは、最後にあなた自身が向かいたい夢や目標でしょ。目の前の失敗や過ちでピーピー騒いでてもしょうがない。そんなもん、どうでもいい。途中で少しくらい迷子になったところで、最後の最後に目的地に着いていればいいんだから。

自分や他人を責めてもいいんですがね、それよりも、その現実を踏まえて、今の時点であなたが取り組めること、フォローできることを考えるんです。今はそれが最優先でしょ。そうすりゃ事態は、いくらでも好転させられるんです。

そりゃね、起こった事実は事実としてありますよ。でもね、その事実の中から、自分や他人を責める要素をいちいち考えて、それをことさら声高に叫ぶってのは、思考の焦点が未来とは無関係な方向を向いていること。要するに生産的じゃない

一応繰り返し言っときますが、反省すべきことは反省して修正する。それ大前提。でもそれは、もっと良くなるためにそうするということ。マイナス要素だけを、いちいちあげつらったところで、益々気分が悪くなるだけ。セルフイメージも下がるだけ。





見るべきは、過去ではなくて未来。過ぎた失敗は過ぎたこと。去ったあの男はもういないし、失敗したプロジェクトはもう手元にない。ならばその経験を、どうすれば価値あるものに変えられるかを考えるんです。

これがダメだった。あれがダメだった。そんなこと言ってても気が滅入るだけでしょ。こうすればもっと良くなる。次はこうするとうまくいく。そう考えるんです。過去があって今がある。今を活かせば理想の未来がつくれる。

そもそも、失敗した原因や、その責任の所在なんては、わざわざ騒ぎ立てなくたって、だいたいみんな分かってますよ。あなた自身のことだってわかってる。そんなわかりきった話しを、いちいち騒いだってしょうがない。そんなのは暇なときやれ。

時と場合によっちゃ、自分や他人を責めなきゃいけないことだって、どうせある。責めたり責められたりすることで、こんちくしょーパワーが発動することもあるし、反省から洞察を深めることもできる。でもそれは、未来につながる意味があるときだけでいい

恋愛も仕事も、まくいかなくなったとき、思い通りの結果がでないときは、まずは、どうすればもっと良くなるか、どうすればうまくいくかを考えてみる。あれがダメ。これがダメ言っててもしょうがない。できる方法に焦点を当てる。過去ではなくて未来を見る。

周囲の人が何を言うとか、どんな批判をするとかは関係ない。まず今すべきこと、取り組むべきことに焦点をあてる。自分を信じて前に進むしかないでしょう。

過去は生ゴミ。持っておいても、そのうち腐臭を放つだけ。とっとと捨てていい。新鮮でクリーンな空気を取り入れて、心地良い香りを漂わせることができれば、あなたば理想のパートナーを引き寄せることができる。

<参考関連記事>
過去の恋愛を忘れると、理想の人に出会える理由。過去に好きだった人は、もういない。

それが恋愛だろうが、仕事だろうが、うまくいかない理由でなく、うまくいく理由を考えるとうまくいく。自分や他人の責任について、あれこれ言ってたところで、事態は何も変わらない。それより、今すぐできることをやるから事態は良くなる。

まずは今日、ちょっとしたことで躓いたとしても、それでいちいち落ち込まないこと。自分や誰かをいちいち責めない。どうすれば次はもっと良くなるかを考える。ダメな理由ではなく良くなる方法を考える。それだけで、今日は昨日よりハッピーな一日になるから(^。^)y-.。o○

自分を責めることなく、心のスイッチを未来に向けて押し倒す方法
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。