小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人からの批判が、気にならなくなる方法。恋愛も仕事も、批判を気にしなければうまくいく。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/10/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第50回

裏切り、浮気、事故…不幸の連鎖、占いにすがったキャリア女子の結論

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


他人からの批判が、気にならなくなる方法。恋愛も仕事も、批判を気にしなければうまくいく。

恋愛も仕事も、批判を気にしなければうまくいく。

誰かが具体的な実害を被るような、明らかな迷惑ごとを起こしたとか、罪もない人を、著しく傷つけるようなことでもしていれば、他人から批判をされるのは当然のこと。
小川健次Blog
しかし、誰にも迷惑をかけてないし、誰も傷つけていないのに、他人に批判をされることはある。そんな理由は、まったくないはずなのに、あれこれ批判を受けることもある。

ちなみに、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにも、いろいろ批判はあるようですが、あれはあれで、ああいうもんなのでしゃあない。だから気の短い人は読まないでって、注意書きしてるのに。

世の中100人いれば、100通りの考え方がある。自分とは違う考え方、意味付けや解釈もある。みんな違ってみんないい。

自分と違う意見や考え方に対し、それを批判という形で、誰かが意見表明するのは別にいい。それはそれで批判する人の自由だし、それを止めることはできない。

もちろん、批判の内容についての正当性や良し悪し、批判に対する批判もまたあっていい。批判があるから、物事を多角的に読み解けるし、コトの本質への洞察を深めることができる。多様な意見に対する見聞を広めることもできる。

批判をされるから、新しいことに気付いたり、ときには大きな失敗を犯しそうだったことに気づかせてくれることある。批判だからといって、すべてをガン無視する必要も、スルーする必要もない。傾聴に値するなら、たとえ耳の痛いことでも聞けばいい

そもそも、誰だって悪意をもって批判をしているわけじゃない。あなたが憎くて批判しているワケでもない。その人の価値観、その人の意味づけと解釈に従った、あくまでもその人の考えの表明として、言ってるだけのこと。

だからね、批判をされることにビクつくことはない。気にする必要もない。あなたにあなたの考えがあるように、その人はその人の考えで言ってるだけ。批判は指示でも命令でもない。批判をされたところでどうということはない。

とはいえ、やはり他人からされれば、気分は良くない。自分の考えや行動を否定されている気がするし、イメージもネガティブになってしまいそうだし、ヤル気も萎える。批判をする人に対して、憎悪すら感じはじめてしまう。

どうせあれこれ口を挟んでくるのなら、わざわざ批判なんかしないで、褒めて認めて受け容れてくれればいいのに。そう思う。

そうして批判されることを恐れることになる。いかに批判をされないように、他人の目や他人の言葉、他人の反応ばかりを気にするようになる。だから、思っていることが言えなくなる、やりたいことがやれなくなる。どうも不自由な感じがしてストレスを感じるようになる。

おまけに恋愛や仕事がうまくいかないときには、その責任も誰かの批判のせいにする。別れる理由は、ご縁がないだけなのに、あいつが私を批判するからだ、と完全に勘違いの八つ当たり。

<参考関連記事>
【動画あり】別れる理由は、今はご縁がないから。あなたもあの人も悪くないから、誰も責めるな。

批判は他人の意見でしかない。そんなに意味のあるものでもない。なのに批判ばかりを気にしていると、そのうち他人の顔色をうかがうばかりになる。他人から批判をされないかどうかが気になって、本当の自分を見失って苦しくなる。

他人の顔色うかがった結果、恋愛や仕事でろくでもないことになっても、その責任を負わされるのは、他の誰でもないあなた自身。死ぬほどバカバカしいでしょ。それ。

他人からの批判が、気にならなくなる方法。

冷静に考えてみることよ。他人から批判されることで、あなたが被る実害なんて、実際のところ何もないでしょ。

そりゃ否定されたようで気分が悪いかもしれないし、認めてもらえないことへの鬱憤はあるかもしれない。でも目に見える損失なんて実のところ何もない。むしろ批判のおかげで新しいことに気付ければ、批判してくれてありがとう。批判をしてくれたことに感謝感激。

ならば明らかに生産性のない批判については華麗にスルーでいいんです。批判されるかどうかを、あなたの行動の基準にしないことです。誰かに批判をされることはリスクじゃない。だって批判そのもので失うものなんてないんだもん。

そんな実害のないことに恐れおののいてる場合じゃない。そんな時間も暇もないでしょ。あなたがやるべきこと、やろうとしていることに集中すればいいんです。

だいたいね、あなたが今、やろうとしていること、やりたいと思っていること。それって、これまでにさんざん考えてきたことでしょ。準備に手間もかけて、ときには貯金もブチ込んだり、人の力を借りたりして、あなたなりに力を尽くしてきたことでしょ。

これまでの過程を何も知らず、利害関係さえもない第三者が、単なるその場のノリで、好きか嫌いかくらいの適当なノリで口を挟んでるだけのことを、気にしてる場合じゃないでしょ。そんなつまんねー批判を恐れてねーで、自分で自分を信じろよ。

それにね、逆に言えば、批判者がいないってことは、何もしていないこととも言える。自分のことより他人のご機嫌とることを優先すれば、そりゃ確かに批判もないし、むしろ受け入れてもらえることのほうが多いかもしれない。

それで納得できるなら、それでいい。でもそれをあとで、自分への言い訳にするなら、これ最悪。あの人が批判したからだ。あいつが文句言ったからだ。そういう言い訳つくるために、批判を受け入れるなら本末転倒。

何かをやれば誰かが批判する。寄付をすれば偽善と批判する人がいて、寄付をしなけりゃ守銭奴と批判する人がいる。100人いれば100通りの考えがある。皆好き勝手に自分の価値基準に従って言っているだけのこと。そして批判の数は、行動の量に比例する。

何かをやれば批判者が現れる。なぜ私ばっかり批判されるんだろう。そう感じるようなことがあるならば、あなたが批判者ばかりを気にしているだけのこと。あなたの思考が批判者の方に向いているんです。

どんなに身近で大切な人とだって、価値観が相容れないことはある。考え方の違いで、大切な人から批判されることだってあるでしょう。でもそれはしゃあない。だって、そういうものだから。何かをやれば、批判者が必ず現れる。

<参考関連記事>
彼との価値観の違いを、乗り越える方法。違いを認めると、大切に思い合える関係になる。

他人からの批判が、気にならなくなるようにするには、批判をスルーして、やるべきことに集中すること。そして、批判とは、無責任に言いたい人が言ってるだけの、意味もなければ価値もないことだと知ること。

そんな批判を気にして、恋愛であれ、仕事であれ、チャンスをみすみす逃すことほどバカバカしいことはない。聞く価値がある批判なら聞けばいい。でも、最後に責任を取らなきゃいけないのは、あなたなのだから、あなたが決めたことに従えばいいってことですわな(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻して、批判が気にならなくなる特別講座

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



11月札幌
小川健次


11月大阪/12月福岡
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。