小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

面倒くさい女と思われるのは、無駄に意固地になるから。素直な想いを言葉にすれば、大切な人を引き寄せる。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

面倒くさい女と思われるのは、無駄に意固地になるから。素直な想いを言葉にすれば、大切な人を引き寄せる。

■意地になっても得することない

そんなに意固地になったり、そんなに突っ張ることなく、その一言をちゃんと伝えておくことができたなら、もっと違った関係になっていたに違いない。

小川健次Blog

あそこで声をかけていれば、あのときに素直に付いていっていたなら、こういう結果にならなかったに違いない。

そこで意地張る必要も、見栄張る必要もないはずなのに。そこで頑なな態度をとってまで守らなきゃいけないほど。大そうなプライドがあったわけでもないはずなのに。だけども、いまいち一歩踏み出すことができない。いまいち思い切ることができない。

そして後悔。その場だけの、さほど高いとも言えないような、自尊心を守ってみたはいいけれど、結果的大きなものを失う。もしくは大きなものを得る機会を逸っしてしまう。そして小川健次メールマガジンを読んで反省する。そんな経験はあなたにもあるかもしれない。

別に何か問題があるワケじゃない。単に素直になって、そのときの自分の想いに従えばいいだけなのに。想ってること言えばいいだけなのに。大切な人を信じて委ねてしまえばいいだけなのに。まったく不必要な意地張って、ストレスになるわ、後悔するわでもう最悪。

その一方で、相手には、自分の気持ちを理解することを求める。察してよ。わかってよ。心の中でそう叫ぶだけで、自分はただ待つばかり。

やがてブチ切れるんです。なんで私の想いを察してくれないの。なんであの人は、私の気持ちをわかってくれないの。なんであの人は、私のことなんか真剣に考えてくれないの。ってそれは相手にしてみりゃ酷すぎるってもんでしょう。

あのね、あなたにとって大切なのは、どっちなのかってことを、ちょっと冷静になって考えなさいよ。

そこで意固地になって、小さなプライドを守ることと、チャンスをその手に入れること。そのどっちが大切なのか。どうでもいい見栄張って、想ってもいないことを言うことと、大切な人との関係を深めること。そのどっちがあなたにとって価値あることなのか。

いいじゃないですか。そこでつまらない意地張ってみたりしたとこで、得られるものなんか大してないんだもん。だったら信じて委ねてみればいい。結果的にそれで傷つくことがあってもね、後で後悔したり、イライラするよりずいぶんとマシってもんですよ。

<参考過去記事>
大切な人の愛は、信じて委ねるから引き寄せる。傷つくことよりも、想いが伝わらないことを恐れよう。

あなたが欲しいと思っているもの。それが目の前にあるにも関わらず。それを強がってNOと言うメリットなんてないでしょ。大切な人の想いに応えたいと思っているのに、そんなよそよそしい態度なんか取らなくていい。自然な想いに従えばいいじゃない。

そりゃまあ、駆け引きや勝負事なら、ときに強がらなきゃいけないし、意地や見栄でも張らなきゃいけないこともある。でも今はそういう勝負事でもないでしょ。素直になっていいところでしょ。あなたは何と戦ってんのよ。

■心のバリアを外そう

あなたが大切だと思ってる人。やりたいと思ってたこと。欲しいと思ってたもの。それを目の前にして意地を張る意味なんかないんです。

基準はとっても単純なことですよ。いつも言うように、あなたのそのプライドと、目の前にあること。あなたの目標にとって価値あるものは、そのいずれかなのか。

もちろん、何でもかんでも脊髄反射的に、想いを口に出したり、あれこれ手を出すことがいいかと言うと、そうじゃありませんよ。何もせず何も言わず、あえて動かないことが有効なことだって、あるにはある。何もしないことが態度の表明になることだってある。

問題なのは、口に出さないのではなく、口に出せないこと。やれるのに、やらないのではなく、やれないことですよ。

要するにプライド傷つきそうで怖いだけでしょ。相手に主導権を握られてるようでムカつく。なんか欲しがってる安っぽい女だと思われたらイヤ。従えば自分のほうが格下に見られそうで、許せない。みたいな、後になって考えると、どうでもいいことでしょ。

そんな恐ろしくくだらない理由で、意地張ってたところで、後になって泣くだけでしょう。そうまでして守るプライドなんて、実際のところたかが知れているでしょう。そんなモンより、あなたには守らなければいけないことがあるはず。

いや、いいですよ、何が何でも守らないプライド。絶対に譲れないもの。あの人のことより、自分のその自尊心のほうが大事なことだ。と、そこまで思うほどに大切ならば、徹底的にそのプライドを守って守って守り抜けばいいんです。人の価値観なんて人それぞれ。

そこで意地張っても意味のなことなら、素直になればいいんです。守ったところで何も得るものない。小さな自尊心なんか捨ててしまえばいい。あなたの想いに従って、言いたいことを言えばいい。伝えればいい。大切な人に身を委ねればいいんです。

言うまでもなく、時と場合によっては、プライド云々以前に、社会的リスクが介在する場合もある。素直になるのもいいが、流されるだけならドロ沼必至なので要注意。

<参考過去記事>
不倫のドロ沼も失恋の痛手も、数秒考えれば回避できる。素早く決断できるように、選択の基準を明確にしておこう。

まったく意味のない意地や見栄張ってんのって疲れるでしょ。しかも後で後悔するし。結局自分がしんどいだけ。大丈夫ですよ。そこで意地張ろうが張るまいが、うまくいくときはうまくいくし、いかないときはいかないんだから。だからまずは、素直な想いに従ってみる。

すると、大切な人もあなたに引き寄せられるし、欲しいものも手に入る。だって、あなたが今まで素直にならず、張ってたバリアが外れるんだもん。ホントはそこにあったのに、あなたが心のバリアで跳ね返していただけなんだもん(^。^)y-.。o○

【引き寄せの法則の原理原則】

DVD愛とお金
販売決定記念キャンペーン実施中
 

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。